変化の波を受け入れるとすべて上手く行く?

こんにちは。

フォトスタイリストの清水陽子です。

JPA (日本フォトスタイリング協会)に所属しています。 




JPAの代表である窪田先生のブログで、並木良和さんをご紹介されていました。

「ほら起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ」という本の紹介でしたが、私が手にしたのは、

「みんな誰もが神様だった」という本。

きっと、私はこちらを先に読んだ方がいいんだな、と解釈しこの本から読んでいます。


「自分軸」という言葉。

最近よく目にしますし、私も心の中でよく使っています。

この「みんな誰もが神様だった」という本には、「自分軸」についてすっと腑に落ちる事が沢山書かれてあり、私がこの本を手にしたのはコレを知るためだったのかと。


更に昨夜更新された the PLANET from NEBULA ブログでもシンクロニシティ?な内容が。

バシャール:高次元へと誘う波
貴方は3次元密度の学校を卒業してから4次元密度へ移行しています。
卒業を決めるのは、他でもない貴方本人です。貴方が3次元密度でまだ学びたい事があると考えるのであれば、貴方は引き続き3次元密度の世界を生きる事になります。
貴方がまだこの世界を堪能したいと考えるのであれば、この3次元密度の世界を引き続き体験してゆく事になるのです。 しかし、今後貴方が『今の世界を卒業して次のレベルへ移行したい』と思ったとしても、それは非常に困難な作業となります。何故かというと、現在の”高次元へ流れてゆく流れ”が落ち着いて定着する事になるからです。つまり、高次元へと誘うエネギーの波(流れ)が無くなってしまうので、4次元密度の世界へ移行する事ができなくなってしまうからです。ですから、現在ピークに達する”高次元へと誘うエネギーの波”を掴んで上昇してください。貴方の内面から繋がる”ハイヤーマインドの意識”を物質界へ体現します。つまり、ハートに寄り添った行動を取る事で、”高次元へと誘うエネギーの波”を掴む事ができるのです。


なんのこっちゃ、さっぱりわからない方は、ぜひ本を読んでみて下さい。

多分ですが、この記事を読んでいるあなたは変化する準備段階にいるんだと思います。

変化の準備が出来た人は、私のように自然とこのような記事やブログ・本に導かれていくんだと思います。

不思議ですよね^^


変化の波を私の解釈で言い換えると、

「自分の心に素直に従う」事。

我慢しない、やりたくない事はしない、ワクワクする事をやる。

自分が本当に望んでやりたいかどうか。

直感に従う。



この直感に従った結果。

私は「何、この上手く行く感じ♡」みたいなことばかりだったんですよね。

一昨日、FBに書いたiphone修理の件もそう。

直感に従ったら、すいすいと上手く行く。


私もまだまだ変化の過程にいて、直感に従ったつもりで受けた仕事が、進めていくうちにクライアントさんと話が合わなくなり、チグハグになると感じて、結果お断りしたりすることも。

(クライアントさん、その節はすいませんでした)

違和感を感じた瞬間から上手く行かなくなる。

昔はそれでも我慢して自我を殺してやってました。

今は自分を偽ってまでやりたいと全く思いません。




今、こうやってフォトレッスンをすることが楽しくて仕方がない私。

フォトを通じての受講生さんとの交流するのも、またびっくりするくらい楽しいのです。

私は自分の意識でレッスンを楽しくしています。

なぜなら私がそれを望むから。

更には、受講生の皆さんの写真が凄く素敵に変化します。

これも私がそう望んでいるし、受講生さん自身も変化したいと意識しているから。

この高い波動の中、レッスンが楽しくないハズないですよね。

きっと全て上手くいきます♡


2コメント

  • 1000 / 1000

  • monosis

    2019.08.01 04:28

    @Ladybug_?mika絶対そう。土曜日に理由を伝えるわー。一緒に変化の波に乗ろう!!
  • Ladybug_?mika

    2019.08.01 04:20

    この、なんのこっちゃな内容に引き込まれるのは私も変化の途中ってことかしら🤪☝️

★LINEはじめました。お得な限定クーポンや、レッスンなどのお知らせもお届け!ぜひ友だち追加してください★

monosis

sisdesign MONITONE MARKET デザイナー兼フォトスタイリスト。
モノトーンをベースにしたファブリックアイテムを中心にデザインしています。
アパレルデザイナー(レディースインナーウェア)として12年勤務の後、フリーランスデザイナーとして独立。
アパレルデザインのほかインテリア・ウェブデザインまで幅広く活動中。
現在はデザイン業務の傍ら、フォトスタイリストとして活動を始めました。